(趣味)←エントランスへ 

TDA2009×2

4チャンネル・バイアンプの製作


青山貞一

2006年10月9日, 2009年12月23日


 先にTDA2009を使った超廉価な10W×2のピュアオーディアンプの製作記事を書いた。読者から多くの反響が寄せられた。

青山貞一:700円のLSIによる本格的オーディオアンプの製作

 その後、OnkyoからD-D1Eと言う小型スピーカーが売り出されていることを知り、有楽町のビックカメラで実売価格約1万9千円で購入した。もちろん2本のスピーカーで約1万9千円である。

 10W×2のピュアオーディアンプに接続して楽しんでいたが、問題があった。

 従来から使っている古いコンポについていたビクターのスピーカーの中音が捨てがたい。

 いい音をしている。

 そこで両者をパラレルにアンプに接続して聞いていた。しかし、音圧が異なる。音圧が低いD−D1Eの音が前に出でこない。曲によって、どちらかのスピーカーの方が良いことがある。などなど。

 そこで、TDA2009をつかったピュアアンプをもう一セット製作し、それぞれのアンプでビクターとONKYOのD−D1Eそれぞれを駆動したらどうかと考えた。

 なんと言っても、TDA2009(10W×2)は部品で製作すれば1500円で十分。

 完成品のボードでも税込みで2300円程度だ。だから、もうひとつTDA2009アンプをつくれば、4チャンネルのピュアオーディオ用の高音質バイアンプができる!

 可能ならアンプ全体(4チェンネル)の音量調整は今まで通りひとつとし、ふたつのスピーカーそれぞれ用にボリューム(それぞれ2連)をつけ、曲によって、@D−D1Eだけ聞く、Aビクターのスピーカーだけ聞く、B両方を任意の音量でミックスして聞くの3通りが可能となるようにしたい。

 料理の種類によって、塩と胡椒を適度に振りかけるあれだ!!

 そこでかって知ったるアキバの店で、追加のための部品を購入。店で買った主な部品は以下の通り。

 TDA2009(10W×2)アンプ    1個    2300円
 2チャンネル(L+R)スピーカー接続用陸軍端子
                        4個     160円
 50kオームBタイプ2連ボリューム  2個     640円
 
 追加費用は、何と3000円ちょっとである。

 前のブログにも示したが、TDA2009は、以下の形状をしている。



 実物は小さなLSIだ。これに放熱版をつけて使う。

 28Vを与えると最大で10Wはでると書いてある。TDA2009 は英語では、10W+10W High Quality Stereo Amplifier LSIとあり、あえて High Quality Stereo Amplifierとある。 

 下はTDA2009をひとつ使った2チャンネル用高音質オーディオアンプである。

左のLSIを使った基板完成品
この写真では放熱版がついていない!

 基本回路は以下の通り。



 新たに2チャンネル分のアンプを追加する工作は至って簡単。

 下の写真は、今までのアンプにもうひとつTDA2009の10W×2のアンプをならべたところを示している。

 写真では、右下に2連ボリューム×2が見える。

 このボリューム用のダイアルツマミは、その昔、無線のSWR測定機のものを再利用した。以下の写真ではまだ配線をしていない。



 ちなみに以下は改造前の2チャンネルのみのアンプの配置、配線写真。



 下はケースから出したフェース(フロント)の配線前写真。左側の2つのボリュームダイアルが新規に加わった。



 下は、ケースウラ面の写真。従来は、白と赤だけだったが、今回は緑と黄が加わっている。



 下の写真は配線後の写真。結構きれいにまとまっている(笑い)



 下の写真は、フロントから撮影した配線後の写真。

 何しろ小さく軽い。実際には、スタンドオフを利用しサブウーファ用端子用のミキサーとLPFが入れてある。



 下は低電圧電源(測定器用の小さなもの)を上にのせたところ。簡素だが内容はしっかりしている。



 下は私のピュアオーディオシステム。

 両端がONKYOのD−D1E。その隣がビクターのスピーカー。白い小さなスピーカーとセンターアンプ(薄黄色)はパソコン用。パソコン用センターアンプのEUにちょこっと座っているのが4チャンネルバイアンプ。




 バイアンプを最初から製作する場合の部品と価格を以下に示す。ただし、電源は別。

 1)TDA2009アンプ       2     4600円
 2)2連ボリューム         3      960円
 3)ABSケース           1      850円
 4)陸軍端子            8      320円
 5)RCA端子(雌のみ)      3      150円
 6)パイロットLED         1      120円
 7)スタンドオフ          4      140円
 8)つまみ             3       900円
 9)配線              1セット   250円
10)LPF用汎用プリント基板   1       80円
11)同抵抗・コンデンサー類   1セット   800円
12)NE5532             1      120円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                          9290円

 ※RCA端子の3つめはファブウーファー用

 このバイアンプの使用感だが、予想通り、すばらしいのひとことだ。

 通常は、両スピーカー使用の割合はほぼ固定しているが、曲により両スピーカーのミックス割合をつまみを回すだけで、簡単に変えられる。

 出力も超小型ながら10W×4=40ワットとなり余裕がでた。入力はONKYOのオーディオカードを装着したPC上のCD及びファイルである。

 アキバのオーディオ展示の試聴で内外の高級アンプと高級スピーカーを組み合わせでいろいろ聞いているが、自分の小さな書斎で聞く限り、この1万円そこそこの4チャンネルの超小型軽量のバイアンプは遜色ない思っている。

 LSIのTDA2009そのものは1個、3百円〜7百円であるから、8チェンネルアンプなどを自作する場合は、プリント基板から自作すれば、一基あたり1400円程度で製作可能である。

 以下は現在のシステム。 2009年12月23日夕方


右側のスピーカーシステム


左側のスピーカーシステム